営業スキルに頼らない受注活動の実現

従来の営業スタイルが通用しない時代、営業スキルを高める企業へ

従来の営業スタイルは、一人の営業マンが独自に働き、企業内における個人経営者の様に働いていた時代がありました。現在でも名残はありますが、その様な企業は、営業力に限りが現れて来るでしょう。三人集まれば文殊の知恵と呼ばれる言葉がある様に、情報は共有しあい、そこで考えていくのが営業力を高める力にもなるです。それを可能とするのが、マーケティングオートメーションの導入です。このシステムによって、営業における受注傾向のパターンが把握できれば、営業スキルが無い人でも、その情報を武器に営業が行えるでしょう。属人化している営業マンは、会社を辞めて他の企業へ転職してしまうかもしれません。企業のノウハウを失うことにもなり、営業の情報を残しておけば、そのリスクの心配をする必要性も無くなるでしょう。

マーケティングオートメーションは、更に自動化の時代へ

マーケティングオートメーションは、日本語で訳せば、物を売るための計画、物を売る自動化です。マーケティングオートメーションは、リスティング広告にも活用が可能であり、リスティング広告による受注しやすい文言や広告画像などの分析なども行ってくれるシステムも存在します。従来の営業マンの多くは、実際の足を使って営業を行っていくのが当たり前の話でした。リスティング広告が主流になり、マーケティングオートメーションの技術が高まれば、文言などはAIが考えてくれる時代も訪れるかもしれません。顧客管理システムとの連携で、より細かなリピータ層への営業活動も行ってくれるでしょう。成約に繋がらないデータは、市場やニーズを把握するための大切なデータとして活用も可能であり、提供するサービスの向上へと繋げれるはずです。