レポーティング機能

うまく利用すればマーケティングに活かせる

顧客開拓をするために使うものがマーケティングオートメーションというものです。これは新規顧客を獲得するために重要なものなので覚えておきましょう。マーケティングオートメーションを行いどれくらいの成果が出ているのかチェックする必要があります。そのために使うものがレポーティング機能です。レポーティング機能を使用すればコンバージョン率などを把握できます。グラフィカルに結果を知る事ができるのでわかりやすいです。さらにセミナーに申し込んだ顧客から資料ダウンロード数なども確認可能なのででうまく使ってみましょう。効果を把握することができれば今後の企業活動において方向性なども決定しやすいです。また成果を上げるための工夫もできるので大変便利です。

問題点を見つけて改善しよう

マーケティングオートメーションのレポーティング機能を使うと現在の問題点を把握できます。例えば資料ダウンロードの数が少ないというデータも把握できるので非常に便利です。どうして資料ダウンロードの数が少ないのかデータに基づいて分析を行います。商品のアプローチ方法に魅力がないから資料ダウンロードまで進んでいないなどの問題点が分かれば、改善策を打つことができます。またメールの開封率がイマイチの場合は、メールのどの部分を改善すればいいのかを確認できるのでレポーティング機能はかなり役立ちます。ちなみにレポーティング機能はページ閲覧数など細かくジャンル分けして結果を測定できるため個別にマーケティング改善が可能です。