注文受注率の上昇

マーケティングオートメーションで業務の標準化

営業など人間が行う限り、各社員のやり方や個性が出ます。そして切磋琢磨しながら、業務の効率化や営業成績が向上します。これは良い面であると同時に悪い面もあります。それは仕事が社員個人のやり方に依存するので、社員が病気で休んだり退職や転職をしてしまうと、人と共に効率的な仕事の仕方やノウハウさも失ってしまうからです。そこで重要なのが仕事の標準化です。各社員の仕事の方法やノウハウを取りまとめ、同じ仕事なら誰でも同じようにできるという方法です。より良い方法が見つかったら、標準化されたやり方を見直して新たな標準にすることで、常に最善のやり方を全社員で共有化できます。そうすることで例え社員が辞めても、ノウハウの流出など仕事の属人化による弊害も防げます。この標準化に活用できるのがマーケティングオートメーションです。仕事の手順や必要な情報がシステム化され、仕事の自動化も同時に行える優れた業務支援ツールです。

マーケティングオートメーションの活用で受注率もアップ!

マーケティングオートメーションは業務支援ツールです。これを利用すると、効率的な仕事を誰でも同じようにできます。また営業活動で得られた様々なデータから指標化もでき、各社員が同じ目線に立って仕事ができます。これと会社の戦略を連携させれば、会社の方針や目標に沿った最適な営業活動が常にできます。更にツールには顧客の購買動向などのデータも蓄積されるので、リピーターを増やす戦略や見込み客を顧客へと格上げする対策も集中的に行えます。このような戦略的に戦えるマーケティングの仕組みづくりが出来上がると、注文受注率の向上へ繋がります。従来多くの社員を抱えて人海戦術で獲得していた受注も、戦略的にしかもより効率的にすることが可能です。マーケティングオートメーションではWebサイトやeメールなどで顧客と非対面で営業活動もできるので、より顧客との距離が近くなり、一層きめ細やかな対応で更なる注文受注率の上昇も期待できます。