見込み客の取りこぼしの低下

マーケティング活動の見える化

企業における営業活動は、営業マンのスキルに応じた進め方に陥りがちです。属人的な営業スタイルでは、人に頼りがちになり過ぎてしまい、安定して利益を計上することはできなくなります。マーケティングオートメーションを導入することにより、自社の営業活動の可視化を進めることが可能になります。営業マンのスキルや経験に頼らない、平均的な受注活動が実現するのです。

人に頼る営業活動を進める場合には、顧客からのレスポンスへの対応が遅くなりがちです。営業活動をシステム化すれば、顧客からの問い合わせを受けた際に担当者が不在だったとしても、他の担当者が柔軟に対応できるのです。営業活動の効率化と見込み客の取りこぼしを防ぐためには、営業活動のシステム化の検討が必要なのです。

マーケティングオートメーションの主な機能

マーケティングオートメーションツールには、メールマーケティングを始め、反響を分析するためのレポーティング機能など、営業活動を進めるにおいて必要になる各種のツールが搭載されています。販促に用いた媒体からの流入を把握し、どのような反響があったかの記録ができるのです。自社の商材に興味を持ったユーザーが、どのようなアクションを行ったかを記録できれば、間違いのない対処を進められるのです。

営業活動の自動化のためには、自社の販促に対して、顧客がどのようなアクションを起こすかを含め、事前にシナリオを構築しておくことが必要です。どの集客方法からの流入であるかを把握し、その後のアクションを定義しておけば、自動的な見込み客の掘り起こしを実現できるのです。